Tanya von Second Life ~セカンドライフを闊歩してみた~

日本ではブームが過ぎ去ってしまったSecond Lifeを今闊歩し、見てきたもの、触ったものをお届けします。

外出先でもアクセスしたいので

出先でセカンドライフに入りたいからといって、普段使用している15.6インチのノートパソコンを常に持ち歩くのは、さすがにしんどいのです。
せっかく13.3インチのモバイルPCを持っているのですから、クオリティが下がるとしてもこれが使えるなら、そのほうがいいわけで。

まず、先日ビューアをダウンロードしていたMacBook Proでログインしてみることにして、グラフィック設定を最低まで引き下げてみます。
しかし動作が非常に遅く、まるで実用に耐えませんでした。これはいけません。

何か方法はないかと調べてみたところ、サードパーティーのビューアを使用すれば、動作が軽快という情報を見つけ、まず検索で見つけたFirestorm Viewerをインストールしてみることにします。

まずは公式サイトにアクセス。

www.firestormviewer.org

DownloadsからOSに合わせたビューアをダウンロード。

f:id:Highmount:20170513003826p:plain

起動してみたところ、思っていた以上に速く驚き。
Intel HD Graphicsであっても、グラフィック設定は比較的高品質にしても動作が遅延することはありません。ここまで違うとは思いませんでした。

UIは多少違いますが、触っているうちには慣れるでしょう。
しかし一つ気をつけた方が良さそうなのは、シェイプの編集をするとき。
オブジェクト間の相対的なサイズは破綻がないのですが、数値で確認しようとすると、公式ビューアで設定した値よりもかなり大きい値が表示されます。
どうやら数値を見ながら設定することに慣れてしまうと、Firestorm Viewerで修正したときに意図しない状態になる恐れがあるということかと。

あくまでデータの修正は実施しない、文字通りビューアとして使うのであれば、サードパーティー製のものを使用してもいいかと思いました。
編集は公式ビューアだけで行うことにします。

 

これで自宅でなくてもアクセスができますから安心です。
何日もアクセスできずに悶々とすることはないでしょう。

しかし今日はどうにも眠いです。
世界を闊歩するのは程々にして、早めに休むことにします。

 

ではまたセカンドライフで。